オステオパシー


オステオパシーとは・・・

 オステオパシーは、1874年にアメリカで生まれた治療手技です。アンドリュー・テーラー・スティルという医師が、三人のわが子を病気で失い、医師でありながら自分の子どもを助けられなかった悲劇を経験します。一方医療の手を尽くさなくても治癒していく患者さんがいることに対して疑問を持ちました。このことにより自分の無力さを嘆き、当時の投薬、外科治療に対して疑問を感じ、再度独学で解剖学を学び直し進歩・発展させたものです。現在は、アメリカ・ヨーロッパで広まり、アメリカでは医師免許が必要です。フランスでは「困ったらオステオパスのところに行け!」と言われています。イギリスでは病院に配属され、外科手術の前にオステオパスが診て、それでも治らなければ外科手術に向かうため、保存療法の最後の砦として活躍しています。

 

 現在の医療は、西洋医学、東洋医学に代表されますが、オステオパシーとの違いは、筋・骨格系だけでなく、内臓・神経・血管など、人間の身体のすべてを覆い、つなげている最大の臓器・・・膜にも焦点を当てて治療します。人間の身体を構成しているすべての臓器、例えば脳に対しても治療していきます。膜学は、日本のどこの有名大学でさえも扱っていない学問です。

 

 オステオパシーは、神業とも思えるような触診能力で、病因を診断し治療を施します。障害の多くは、障害部位に原因はなくそれは結果であり、原因はほとんど他の部位にあります。いくら治療してもすぐに元に戻る・・・ということを経験された方は少なくないのではないでしょうか?

 

 オステオパシーに出会う前は、筋トレ・ストレッチ中心の治療でしたが、オステオパシーを学び、その治療効果には自分でも驚くことが多くあります。特に私が臨床で頻繁に触れていた術後の急性期の腰痛では、劇的な効果を日々経験します。また治療効果も他の治療手技に比べ格段に治療効果が長く、投薬を最小限にすることができます。

 

 障がいをもった方々が、加齢と共に筋緊張が高くなることや痛みを訴える場合投薬を行うことが一般ですが、日々の健康を維持するための薬に加え、更に筋緊張を抑える薬、痛み止める薬を長期間使うと、薬の量は増えるばかりです。

 

 

身体の緊張が高くなって座りにくい!介護が行いにくい!病院にかかってもなかなか痛みが治らない!何度も通わなくてはならない保険診療の効く治療院での治療ではなく、治療を短期間で済ましたい!腰痛などで薬をなるべく飲みたくない、・・・という方はぜひ一度お試しください。その治療効果に驚かれることでしょう。

 

 

【対象疾患】

腰痛(産後の腰痛 ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・圧迫骨折・すべり症・分離症)頸椎症 身体の緊張 変形性股関節症 変形性膝関節症 足底筋膜炎 シーバー病 オスグット病 アキレス腱炎 交通事故の後遺症 など・・・・

 

 

料金

1回:8000円(50分・市内交通費無料)

初診料は頂いておりません。

※保険は効きません。実費診療になります。

 

 

※当院は、尾崎病院(整形外科)、山本クリニック(整形外科)、以前私が勤務していた鳥取県立病院(整形外科 脳神経内科)と連携してクライアントのサポートが可能です。適応等ご心配の方は、上記病院を受診ください。